HOME > 会社案内 > 沿革

沿革

昭和37年6月
丸亀市前塩屋町72番地において、三栄化学工業所として個人にてポリエチレンの製袋加工販売を開始。
昭和38年
長澤昌一(現取締役相談役)を社長に迎え、塩屋工場を建設し、グラビヤ印刷機を導入。
昭和39年
三栄化学工業所を株式会社に改組し、資本金200万円にて、三栄産業株式会社を設立。
昭和43年
丸亀市金倉町1115番地(現在地)に工場用地(2,000坪)を購入。
昭和44年
資本金650万円に増資。
昭和46年
資本金1,250万円に増資。
金倉工場用地に事務所及び第一工場を建設。
昭和48年
金倉工場用地に第二工場を増築。
昭和49年
塩屋工場を閉鎖し、金倉工場に移転。
ポリエチレン袋に5色カラーグラビア印刷を開始。
半額出資にて丸栄産業株式会社を設立し、エクストルージョン機を導入し、ポリエチレンラミネート加工を開始。
昭和53年
資本金2,500万円に増資。
昭和54年
第三工場を増築。
昭和59年
資本金3,500万円に増資。 第四工場を増築し、インフレーション(LLDPE)押出成膜機を導入。
昭和62年
資本金7,000万円に増資。
平成8年
インフレーション(LLDPE)無人化押出成膜機(R-1000)を導入。
平成11年
インフレーション(LLDPE)無人化押出成膜機(R-1200)を導入。
平成16年
長澤潔、代表取締役に就任。
平成17年
品質マネジメントISO9001:2000認証取得。
平成19年
フソー化成株式会社と業務提携。
平成21年
ISO 9001:2008/JIS Q 9001:2008認証取得。
平成22年
VOC燃焼処理廃熱回収装置を導入し、省エネルギー化を実施。

このページの先頭へ